勤怠管理システムとして使える物は

勤怠管理システムとは実は自作が出来ます。
今は特定の表計算ソフトなどで十分に作れます。



打ち込みをするようにするだけです。



或いはクリックするだけで出来るようにすることもできます。
勤怠管理用のパソコンを一台用意しておけばよいです。大した費用ではないですし、電子データとして管理が出来るところにメリットがあります。

或いは古い方法ですが、別に紙でもよいです。毎日、出退勤の紙を一枚用意します。

社員全員の名前を書いておいて、そこに出勤する時と退勤する時に時間を書いてもらいます。


極めて原始的ではありますが、誰にでもやりやすい、と言うメリットがあります。

勤怠管理システムとして、高度なコンピュータを使うこともあります。


システムを一から独自に作り上げて、何百と言う社員を管理することもあります。


こうした企業であれば、インターネットを介したアクセスも出来るようにしたほうが良いです。

はてなブックマークの情報ならこちらを参考にしてください。

どこからでも出勤、退勤の打刻ができるようにしておくわけです。

これはとても重要なことであり、今のビジネスは一々、会社に必ず出てくるとは限らないので、これは必須です。

小さな規模の会社であれば、電話などでもよいですが、数百と言う人数では一々やっていられないからです。


その為、システムとして作り上げておいて、活用することです。

勤怠管理システムは業務効率にも影響がある、と言うことになります。


上手く利用して、事務方の手間を少しでも少なくすることです。