営業部門における勤怠管理システム

「勤怠」とは、ある会社の構成員の業務に対する精勤さを評価する尺度になります。

そして勤怠管理システムとは、各構成員の業務姿勢を評価・記録するものであり、システムに記録された勤怠評価は給与や職階という形となって当事者にフィードバックされます。勤怠管理者側の立場から見ると、一般にデスクワークを中心とする内勤職は、会社内に構成員がとどまっているため、勤怠管理は行いやすいと言えます。

勤怠システムの有益情報にあふれているサイトです。

なぜなら、実際に業務に注力している姿勢を見ることができたり、電子機器を利用するような業務ではログイン状況を確認する勤怠管理システムを導入することで、管理者は容易に各構成員の勤怠状況を把握することができます。

一方で、営業職について考えてみると、営業職の命題が外部の顧客獲得であることから、勤怠管理は獲得してきた顧客数・営業利益などの数値に頼ることになります。

両職の勤怠管理において決定的に異なることは、評定材料です。すなわち、内勤職では「業務に従事した時間」がパラメータになることに対して、営業職では「獲得した顧客」が評定パラメータになることです。



冒頭で述べたように、勤怠管理の本質は業務に対する精勤さの評価です。

オリジナリティに富むガジェット通信に関するご質問を解決いたします。

この観点を見る上では、営業職についても、精勤しているという事実に基づいた勤怠管理システムが必要と考えられます。


具体的には、日々の営業先や、先方とのやり取りなどについて、管理者から見て営業職の勤怠を「可視化」する必要があるといえます。